*事前準備 [#a420c368]
-[[UNetbootin>/APL/UNetbootin]]を使用してUSBドライブにUbuntu 11.10のISOイメージを書き込んでおく
-type PをUSBブートできるようにBIOSを変更する
++type Pの電源をON
++VAIOの画面でF2を押してBIOSセットアップを呼び出す
++External Device Bootを有効にする

*インストール [#x76a7c63]
+UbuntuのISOイメージを書き込んだUSBドライブをtype Pに装着して電源ON
+USBドライブのUNetbootinが起動する
+このまま「Install Ubuntu」を選択してインストールを始めるとGUIが落ちてしまうか画面がホワイトアウトしてしまう
なので「Install Ubuntu」にカーソルを合わせて[TAB]を押し、GRUBの起動パラメータに下記追加する
|追加前|/casper/vmlinuz initrd=/casper/initrd.lz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed&br; boot=casper only-ubiquity  quiet splash --|
|追加後|/casper/vmlinuz initrd=/casper/initrd.lz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed&br; boot=casper only-ubiquity  quiet splash -- vga=9|
--追加したパラメータは画面解像度を設定するもので、内訳としては1024x768x24bitの解像度を選択したことになる
|番号|解像度|タイプ|h
|0|80x25|VGA|
|1|80x50|VGA|
|2|80x43|VGA|
|3|80x28|VGA|
|4|80x30|VGA|
|5|80x34|VGA|
|6|80x60|VGA|
|7|1024x768x8|VESA|
|8|1024x768x16|VESA|
|9|1024x768x24|VESA|
|a|640x480x32|VESA|
|b|800x600x16|VESA|
|c|800x600x32|VESA|
|d|640x480x8|VESA|
|e|800x600x8|VESA|
|f|640x480x16|VESA|
--本内容については下記サイトを参考にさせて頂きましたm(_ _)m
http://f-st1029.noc.toyama.nsk.ne.jp/mt/2011/10/ubuntu-1110-on-vaio-p-vpcp11alj.html
+あとは普通にインストールが進むので環境に合わせてインストール作業を行なう

インストール中は1024x768の解像度だが、インストールが完了してUbuntuを起動すると1600x768になる