PCカード の変更点

Last-modified:
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • PCカード へ行く。

いまさらながらPCカードのお勉強。。。
「CQ出版 Vol37 PCカード/CFカードの徹底研究」を元に整理
&br;

*PCカードとは [#ne1358c5]
-PCの拡張カード規格団体であるJEIDA(日本)とPCMCIA(米)が統合して策定されたのが「PC Card Standard」規格
(よってPCMCIAとPCカードは同義語と捉えてよい)

**PCカードの種別 [#ccd5e911]
|PCカード|16bit PCカード|メモリカード|SRAMカード|
|~|~|~|リニアフラッシュメモリカード|
|~|~|~|マスタROMカード|
|~|~|I/Oカード|ATAフラッシュ|
|~|~|~|ATAHDDカード|
|~|~|~|モデムカード|
|~|~|~|SCSIカード|
|~|~|~|LANカード|
|~|~|~|その他|
|~|CardBusカード|>|高速SCSIカード|
|~|~|>|高速ATAカード|
|~|~|>|高速LANカード|
|~|~|>|高速シリアルカード(USB,1394)|
|~|その他|>|IVポート用ビデオカード|

-特徴
|16bit PCカード|ISAバスをベースとしていて、データバス=16bit、アドレスバス=26bit(64MB空間)|
|CardBusカード|PCIバスそのもので、データバス=32bit、アドレスバス=32bit(4GB空間)|

-PCカード(CF含む)はリトルエンディアン規定となっている


*PCカードの3つの空間 [#c289abc2]
-PCカードにはアトリビュート・メモリ、コモン・メモリ、I/Oの3つのメモリ空間がある
|空間|搭載有無|概要|h
|アトリビュート・メモリ|必須|CISとCCRを定義する空間|
|コモン・メモリ|オプション&br;カード特性によって搭載|メモリカードの本来のメモリ空間|
|I/O|オプション&br;カード特性によって搭載|I/Oカード用の空間|
|コモン・メモリ|オプション。カード特性によって搭載|メモリカードの本来のメモリ空間|
|I/O|オプション。カード特性によって搭載|I/Oカード用の空間|

-それぞれの空間にアクセスするには各信号線を制御する必要がある
-各空間毎にアクセス時に使用する信号線が異なっている
|空間|REG#|OE#|WE#|IORD#|IOWR#|h
|アトリビュート・メモリ|L|Read時に使用|Write時に使用|使用しない|使用しない|
|コモン・メモリ|H|Read時に使用|Write時に使用|使用しない|使用しない|
|I/O|L|使用しない|使用しない|Read時に使用|Write時に使用|
--詳細は「CQ出版 Vol37 PCカード/CFカードの徹底研究」の第1章の表4が詳しい

**アトリビュート・メモリ空間 [#hf44c3f8]
||オフセット|サイズ|概要|h
|CIS&br;(Card Information Structure)|0x000&br;〜0x1FF|512|CIS|
|CCR&br;(Card Configuration Register)|0x200|2|COR(Configuration Option Register)|
|~|0x202|2|CCSR(Card Configuration and Status Register)|
|~|0x204|2|PRR(Pin Replacement Register)|
|~|0x206|2|SCR(Socket and Copy Register)|