PandaBoard/Android(ICS4.0)の開発環境の構築方法 のバックアップ差分(No.2)

Last-modified:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
※このページは現在書きかけです(2012/2/29現在)

*事前準備(クロスコンパイルマシン) [#b6a15dd3]
-下記の環境を使用してAndroid(ICS4)のクロスコンパイル環境を構築した
|マシン|Mac mini mid2010|
|OS|Ubuntu 11.10|


*1.最低限必要なパッケージのインストール [#uc4d0443]
 $ sudo apt-get -y install git-core gnupg flex bison gperf build-essential zip curl zlib1g-dev gcc-multilib g++-multilib libc6-dev libncurses5-dev ia32-libs-multiarch x11proto-core-dev libx11-dev libreadline-dev zlib1g-dev libgl1-mesa-dev mingw32 tofrodos python-markdown libxml2-utils
 $ 

*2.Java SEのインストール [#afb0ae46]


*3.repoのインストール [#r7b3b373]
 $ mkdir ~/bin/
 $ wget https://dl-ssl.google.com/dl/googlesource/git-repo/repo > ~/bin/repo
 $ chmod a+x ~/bin/repo
 $ export PATH=~/bin/:$PATH    ←.bash_rc等に設定しておいたほうがよい

*4.Android(ICS4)のソースをダウンロードする [#kbe4e977]
 $ mkdir ~/android/
 $ cd ~/android/
 $ repo init -u https://android.googlesource.com/platform/manifest
 $ repo sync -j2

 $ ls
 Makefile  bionic    build  dalvik       device  external    hardware  ndk       prebuilt   sdk
 abi       bootable  cts    development  docs    frameworks  libcore   packages  prebuilts  system
 $ 
 $ du -sh .
 11G	.
 $

*5.プロプライエタリドライバの入手とインストール [#i0da3ad6]
-PandaBoard用のプロプライエタリのドライバは[[こちらのサイト>http://code.google.com/intl/ja/android/nexus/drivers.html]]の「Binaries for PandaBoard」から入手する
-下記は現時点(2012/2/29時点)の最新版のドライバをwgetで入手し、インストールまで行った手順

 $ wget https://dl.google.com/dl/android/aosp/imgtec-panda-iml74k-cfb7bdad.tgz
 $ tar xvzf imgtec-panda-iml74k-cfb7bdad.tgz 
 $ ./extract-imgtec-panda.sh 
 ライセンス確認を求められるので、キーボードから"I ACCEPT"を入力する

 $ ls
 Makefile  cts          external                          libcore    sdk
 abi       dalvik       extract-imgtec-panda.sh           ndk        system
 bionic    development  frameworks                        packages   vendor
 bootable  device       hardware                          prebuilt
 build     docs         imgtec-panda-iml74k-cfb7bdad.tgz  prebuilts
 $ 

*6.ソースのコンパイル [#r1527a63]
 $ . build/envsetup.sh 
 $ lunch full_panda-userdebug
 $ 
 $ time make -j2
 real	148m21.691s    ←ウチのマシンではコンパイルにこれだけ時間がかかった
 user	230m7.703s
 sys	17m35.498s
 $
 $ du -sh .
 24G
 $